IPS勉強会@東京大学に出席しました

勉強会資料
勉強会資料

20121223()に、東京大学にて行われたIPS勉強会に出席して来ました。

IPSといっても、前日に同じ東京大学で行われた『IPS全国研修会』とは違います。そちらは、Individual Placement and Supportの方でしたが、1223日の勉強会は、Intentional Peer Support(意図的なピアサポート)の方です。

 

1.チェックイン

今日の出席者は14名と、前回よりずっと多かったです。滋賀県から来たという人もいました。

チェックイン項目は、

・「呼んで欲しい名前とこの勉強会に期待すること」

および、

・「今日この部屋に入ったときにどんなことを思いましたか?」

ということでした。以下のような意見が出ました。

 

・何か新しいものの見方を持ち帰りたい。そんな考え方があったのかというアイデアを得られると良い。

・自動ドアが開いているな、部屋の電気が点いていないので迷わず点けた。黒板が消されているので昨日のIPS全国研修会で使ったのかな、何が書いていたのかな、と思った。何かいたずら書きをしたいなと思った。

 

・ああそうだったんだと思えることに気づきたい。

・すでに1人入っていたので驚いた。電気も点いていた。

 

・相手との関係が対等になるとはどういうことか。

・先月より人が多いな、と思った。

 

・新たな視点を貰って、自分の気付きにしたい。

・久しぶりなので緊張している。

 

・初めて参加なので雰囲気を知り、気付きを得たい。

・名札がたくさんあるなとおもった。

 

IPSをよく分かっていないので知りたい。

・気楽に来たので得に無い。

 

・忙しくてここに来れたのが良い。ここに来ると良いことがある。

・肉まんを買って来たので、はやく食べたい。空腹でも満腹でも、お腹に意識があると気分が良い。

 

・思い込みが多いことを認識したい。他の人の思い込みを知りたい。

・和んでいるなと思った。

 

・年末で、この一年のことでいっぱいいっぱいなので、自分がどうなっているのかを見つめなおしたい。

 

・居心地よく過ごせて、プラスアルファがあると良い。

・この部屋に今年お世話になっているので、また戻ってきたな、と思った。

 

・普段自分を振り返ることがないので、しんどくなく振り返りたい

・人がたくさんいて怖いな。

 

IPSに興味がある人と交流したい。

・予想通り。

 

・いろんなことを知りたい。

 

・新しい自分が知りたい。

・遅刻してしまったな。

 

211月の内容についての振り返り。

 これについては、少ししか触れませんでした。

 

3.テキストの『病名に関する会話』の文章を読んで、どう思いましたか?

以下のような意見が出ました。

 

・他人との会話の中で「病名」なんですか、と聞くこと?

・病気のレンズで人をみない。

・統合失調症に対するイメージが悪い。病気じゃない私を見てくれるのは癒される。病名にたいする偏見に悩んでいた。

・病名を言われる前は、仕事が出来ないことについて、周囲に詰られていたが、病名を言われたときから、周囲が私に優しくなったので、病名を言われた事はありがたかった。

・母が孫の病気を認めないこと。

会社の部長が発達障害のテストを部下にしてみたら、7割が発達障害だった。

・うつにかかって退職。病名が自分の助けになる。

・病名を聞いて癒される人と、病気のレンズで見ないで欲しい人に分かれているようだ。

・自分は、1分前と意見が違うことがある。

 病名のレンズで見ないというのは、役に立つ。

 病気はある、と教わったのだが、今は病名のレンズで見ないのが大切と思う。

 病気の視線で見ると、みんな病気になる。

 病名で見ると人を縛ることになる。

・認知症の勉強会で最初は辛かった。読んでいた本で、人のストレングスに注目しましょう、という見方を見出した。

・症状で語るべきで、病名で語るべきでない。

・「症状」を別の言葉で言い換えるとどうなります?

・「きつねつき」状態、だと思います。

・べてるの言い方では、「お客さん」だ。

・病名で行動を縛られることがある。

・階段を歩くときに息をしていないことに気付いた。

・病名を何に使っているかを聞くと、サポートしやすい。

 例えば、病名が免罪符になるから使っていますとか。

・自分の都合の良いように病名を使ってよい。

・自分の症状に会った病名が6つぐらいあって、「うつ」を選んだ。

 障害年金用には「広汎性発達障害」を使っている。

・病名を個性として話せれば、良い世の中になる。

・家族に病名を伝えてあるが、症状を伝えても理解してもらえない。うつという言葉は使わない。薬飲んでいるところを人に見せない。

病名はパワー。使っていいときと良くないときがある。

・病気で片付けるのは乱暴。

 

4.ピアとは何かについて

2010年のIPS勉強会@市川市でのアジェンダ資料(上記写真)を読んで、ピアとは何かについて話し合いました。

以下のような意見が出ました。

 

・上司が「ピアは誰でもピアなんだ」と言った。

・「どちらもが影響を受ける」と書いてあるが、自分の話の方がそこらへんの話では聞けないだろう。

・より過酷な経験をした方が偉いという気持ちがあったが、それはピアではない。経験に序列がついてしまうことがある。それはピアではない。

・「力関係の力動に注意」というのが分からない。

・近すぎず、離れすぎずということ。

 

私の指摘:「ヤマアラシのジレンマ」ということか?

 

・ジレンマがあるからもやもやが生まれる。

IPSというものが分かる気がする。上下関係が無いのがユニーク。

・職員と利用者は上下関係だが、IPSを学んだ職員はピアな関係。

・看護教員で、患者の看護背景をきくのが当然と考える人がいる。

・スタッフに最近セックスで射精出来ないと言ったのだから、あなたも同じことについて言ってくれ、と言おう。

・答えられないことは答えなくても良いと言えれば良い。

 役に立つことをしなければ、存在価値がない。

・試行錯誤している仲間がピア。

・医者が前の人に時間がかかったと言ってくれる。

・産業カウンセラーを目指しているのだが、他の療法に比べてピア・サポートが効果的な人とはどういう人なのか知りたい。

・家族療法、二人で話し合うこととピア・サポートとの違いは、上下ではなく、ピアな視線で接すること。

ピア・サポートとは病気の者同士という先入観があったが、誰でもピアになれる。

「ピア・サポート」という療法があるわけではない。

・ピア・カウンセリングに出たことがあるが、全然参加出来た感じがしなかった。IPSは自分の立場を取っ払って参加できる。

・カウンセリングを受けたが、傾聴しているので喋れない。よけい悪化した。

・自分もカウンセリングを受けたら、傾聴の壁があった。

 

私の出した疑問:皆さんは、病気を治したくてここに来ているのですか?

 

皆:「そうです。」

 

5.勉強会の感想 と 今後の勉強会について

以下のような感想が出ました。

 

・緊張せずに説得力のある話し方が出来るようになりたい。

・自分のメモに「同じ人間なんだ」と書いてある。深い言葉を習ったと思う。

・いろんな人のいろんな考えを聞けてよかった。

2010年のIPS勉強会@市川市のアジェンダ資料が良かった。

・ピアでも上下関係や役割はあるだろう。ピアと医者等との会話が相対するものという見方も違う気がする。ピアを忘れると腐っていく。

・エアロビクスを休んで来て良かった。運動は精神に良いが、今回の会も精神に良かった。

・前に来た時とメンバーは変わっているが、雰囲気は変わっていない。

 

今後の予定について

1~3月にIPSの集中トレーニングがある。

この勉強会を2ヶ月ほど休みにする。

「お題を考える会」を2月ごろにする予定。

 

以上が、今回の勉強会の記録です。

勉強会の後、懇親会が開かれたようですが、私は欠席して帰宅しました。

 

この記事が役に立ったら、下のボタンをクリックして下さい。