学園祭のWRAPに参加しました

今日は、小金井市にある専門学校の社会医学技術学院の学園祭に行って来ました。

その理由は、学園祭の企画で行われたWRAPに参加するためです。

WRAPとは、Wellness Recovery Action Plan(元気回復行動プラン)のことです。

WRAPはいろいろなプランの集まりとしてまとめるものですが、今日は、「いい感じのときの自分」とは何かについて、出席者全員で意見を出し合いました。

 

出席者は、全部で11人でしたが、「いい感じのときの自分」を、次のように表現しました。

 

・無理に人に合わせない。

・身体が軽く感じる。

・明日が来るのが楽しみ。

・人の言葉を肯定的に受け止められる。

・ドンと来い。

・清流(川)のそばを歩くときの澄み切った気分になれる。

・子ども(2人)とお庭でお花に水をあげたり、おひさまの下でポカポカしながら遊ぶ。

・音楽を聴いたり、本を読んだり、料理をしたり、映画を観たりする。

・食べ物を食べる。

・ちゃんと人の話を聴くことができる。

・大抵のことは許せる。

・失くし物をしない。

・時間管理が出来ている。

・自分の思い通りに出来なくてもいいと気持ちを切り替える。

・人のペースを遮らない

・人と比べない

・睡眠不足にならない。

 

私は、「いい感じのときの自分」として、次のような事を挙げました。

・黒木瞳へのファンレターのネタをよく思い付く。

・他人が怖くない。

・間食をしない。

・衝動買いをしない。

・本を最後まで読める。

・何でもメモ出来る。

・日めくりカレンダーをめくるのを忘れない。

・フェミニストでいられる。

・ブログに書くネタをよく思い付く。

AKB48の握手会で時間を無駄にせずにメンバーと話せる。

・日記を書くのを忘れない。

・怒りを感じない。

・笑顔でいられる。

・陰徳陽報を信じる。

・朝食前に体重を測るのを忘れない。

・血圧を測るのを忘れない。

・昼間に眠くならない。

・遅刻をしない。

・質問をためらわずに出来る。

・ネットに耽溺しない。

・忘れ物をしない。

 

一通り、全員が意見を出した後、紙に写真や文章を貼り付けてコラージュを作る作業をしました。

私は美術の才能がないので、写真等を貼り付けることは出来ず、文章だけを貼り付けましたが、他の人達は、写真を巧みに貼り付けて、「いい感じのときの自分」を表現していたので、とても関心しました。

 

この記事が役に立ったら、下のボタンをクリックして下さい。