「むかしMattoの町があった」自主上映の案内

ご存じの方も多いと思いますが、イタリアでは精神病院を廃止する「180号法」が1978年に可決されています。

そのイタリアでの精神病院廃絶の立役者である、フランコ・バザーリアの活躍を描いたイタリアのテレビドラマ『むかしMattoの町があった』が自主上映されることになっています。

 

2012630日付の私のブログでも言及していますので、読んで下さい。

また、大熊一夫著『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』(岩波書店)も参照して下さい。

 

第1回目の上映は、2012823()の「リカバリー全国フォーラム前夜祭」(帝京平成大学 池袋キャンパス)にて行われます。

 

630日のブログでも書きましたが、このドラマの日本語字幕制作費捻出のため、『180人のMattoの会』が入会を募っています。

入会して、1口1000円以上の会費を納入することによって、ドラマの日本語字幕制作費を募金することが出来ます。

 

180人のMattoの会』入会方法:

・住所、氏名、電話番号、メールアドレスを書いたメールを事務局へ送り、会費(一口1000円以上)を下記郵便振替口座へ送金する。

会員特典:

2012810日までに入金した者は、映画の中で名前を表示。

・今後の自主上映の情報をメール配信

 

郵便振替口座:00180-3-639516

加入者名:180人のMattoの会

 

連絡先:

「バザーリア映画を自主上映する180人のの会」事務局

180matto@gmail.com

〒184-8501

東京都小金井市貫井北町4-1-1

東京学芸大学教育心理学講座福井研究室

FAX:042-329-7372

 

「むかしMattoの町があった」上映会

・リカバリー全国フォーラム前夜祭にて

 2012823() 開場17時、上映17時半~21

・会場:帝京平成大学 池袋キャンパス

    東京都豊島区東池袋2丁目51-4

・事前申し込み:1000円(締切:83日)

     当日:1200

 事前申し込みは、リカバリー全国フォーラム2012ウェブサイトから

  https://v3.apollon.nta.co.jp/recovery2012/

 

詳しくは、http://recoveryforum.net/ を参照して下さい。

 

この記事が役に立ったら、下のボタンをクリックして下さい。