AKB48の握手会に行って・・・前田敦子との握手

また、AKB48の握手会のことを書かせていただきます。

 

63日と617日のAKB48握手会は「真夏のSounds good!」の劇場盤CDを買った人が対象のもので、個別握手会でした。

今日(623日)、さいたまスーパーアリーナで行われた握手会は、通常盤CDの中に入っている参加券を使うもので、個別握手会のように握手する相手が決まっているものでなく、その場で相手を選べるものです。その代り、個別握手会のように話が出来る時間は殆どありません。

 

今日の握手券は16枚もっていたので、前田敦子さんと16回握手してこようと思っていました。

前回の「GIVE ME FIVE!」のCD発売時の握手会のとき、篠田麻里子さんと9回握手出来たので、今日前田敦子さんと16回握手するのも、出来ないことはないと思っていました。

 

しかし、それは甘かった。

 

握手が始まると、前田敦子さんは、他のメンバーよりずっと待ち時間が長いのです。

実際、列に並ぶと、他のメンバーは、大島優子さんですら、行列はまっすぐ一列なのに、前田敦子さんの列は、一列になりきれずに、折れ曲がって3列になっていました。

16回握手する予定が、11回しか握手出来なかったのです。

しかし、最後に喜びがありました。

11回目の握手のときは、時間切れで握手券6枚をまとめて出さざるを得なかったのですが、まとめて出した握手券の枚数に応じて、握手する時間が長くなったのでした。

おかげで、前田敦子さんと話は出来ないと思っていたのに、数秒間だけ話が出来たのです。

次のような会話をしました。

 

私:「私は市川市○○に住んでいます。」

前田:「そうですか!」

 

私:「新浜小学校や七中の前をよく通ります。」

前田:「あっ、私、行ってました。」

 

私:「握手券16枚もっていたんですけど、全部前田さんに使いました。」

前田:「ありがとうございます!」

 

ここで、時間切れでした。

 

私が前田敦子さんの育った住所の近くに住んでいることと、前田敦子さんの通った小学校と中学校の前をよく通行することを伝えることが出来ました。

前田さんと話が出来ると思っていなかったので、少しでも話せて嬉しいことでした。

前田敦子さんの実家のそばに住んでいて良かった。

 

さて、明日(624日)も同じ場所で同じ握手会がありますが、明日はどうしようか。

また前田敦子さん尽くしで握手するか、それとも前回のように篠田麻里子さんに握手券を使うか。

じっくり考えます。

 

この記事が役に立ったら、下のボタンをクリックして下さい。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Karolyn Castellano (木曜日, 02 2月 2017 05:52)


    Very energetic post, I liked that bit. Will there be a part 2?