5月20日のSlow WRAP Classについて

少し遅くなりましたが、先日の2012年5月20日(日)に行われたSlow WRAP Classについて書きます。

 

いつものように私は開始時間より1時間以上はやく会場に着いたのですが、

カフェスローの店員さんがやって来て、「この部屋は午後2時から予約しています。」と

怒られてしまいました。

あまり早く来すぎるのも考えものですね。

 

この日は、柴田書店の雑誌 「Café-sweets」 の編集部の方が、カフェスローの取材に来ていて、

そのついでに、Slow WRAP Classも取材していきました。

雑誌 Café-sweets」の137号(7月5日発売)に掲載されるそうです。

楽しみなので、買ってみようかなと思いました。

 

今回のWRAPで私のした発言は以下の通りです;

 

①いい感じの時の自分・なりたい自分

・他人が怖くない。

・間食をしないでいられる。

・他人より先に発言出来る。ボランティア出来る。

・携帯電話、スマートフォンを忘れない。

・陰徳陽報を信じる。

・衝動買いをしない。

・SNS、OKWaveに耽溺しない。

・HDDからブルーレイへのダビングをはやく済ませられる。

・モノを片付けられる。

・受験勉強出来る。

・白昼夢を見ない。

・笑顔でいられる。

 

②調子が悪いとき(いっぱいいっぱいな時、八方ふさがりな時)を示すサイン

・強い焦燥感を感じる。

・HDDからブルーレイへのダビングに非常に時間がかかる。

・中途覚醒をする。

・徹夜してしまう。

・何も覚えられない。

・喉が非常にかわく。

 

③そんな時、自分が自分のためにすること

・リスパダール1mgを飲んで、しばらくじっとしている。

・ダビングしないで、思い切って消去してしまう。

・また寝る。

・目覚まし時計をセットして、床につく。

・本を読む。

・爽健美茶を飲む。

 

④人に頼むこと

・図書館に本を返しに行ってもらう。

・レンタル屋にDVDを返しに行ってもらう。

・牛乳を買って来てもらう。

・睡眠時間について議論させてもらう。

 

最後に、チェックアウトとして、この日のWRAPから持ち帰りたいこと;

・歌の歌詞を覚える。

・自転車で遠くまで走る。

 

いつも思うことだが、このWRAPのクラスは、精神安定上良いだけでなく、

とても楽しい会だ。

またいつも新たな人との出会いがあるので、私にとっては、一番重要な会合である。

 

いつもは日曜日の14時から始まる会だが、来月から土曜日の13時からになるらしい。

いつものように、カフェスローでランチを食べることが出来なくなるかも知れない。

 

上の写真のように、2012年5月21日の日本経済新聞の夕刊(関東版)に、WRAPを紹介した

記事が載りました。

カフェスローのSlow WRAP Classについても、最後の方に小さく載っています。

WRAPもだんだん有名になりつつあるようです。

 

この記事が役に立ったら、下のボタンをクリックして下さい。